HOME » 業種によって異なる貿易事務の仕事のちがい

業種によって異なる貿易事務の仕事のちがい

本カテゴリーでは、業種ごとに異なる貿易事務の仕事内容を説明しています。

業種ごとに異なる貿易事務の仕事内容

貿易事務とは、おもに英語を用いて、商品や物資の輸出入に関わる書類作成や取引相手とのやり取りをする業務。ただし同じ貿易事務でも、業界が変わると仕事内容は異なってきます。ここでは貿易事務に関わる4つのおもな業種をピックアップし、それぞれの業態と貿易事務の仕事について紹介していきましょう。

商社・メーカー

メーカーでの貿易事務の仕事は、自社で生産した商品を海外に輸出する際の事務処理がメインになります。ただし、原材料や部品を自ら輸入するというケースもあるようです。一方、商社の貿易事務は、メーカーのように日本国内で作った商品を海外に輸出する場合もあれば、海外からさまざまなものを輸入する場合もあります。

<<「商社・メーカー」を詳しくみる>>

通関業者

商社やメーカー、船会社・航空会社に比べると、一般的には馴染みの薄い業者ですが、貿易の仕事に携わっていれば通関という手続きは避けて通れません。通関業者とは、商社やメーカー、船会社・航空会社などから通関業務の代行を請け負う業者です。そこでの業務内容は、通関書類を作ることをメインとして、荷主・航空会社・船会社・倉庫会社などと折衝しながら、輸出入の手続きを代理代行することとなります。

<<「通関業者」を詳しくみる>>

NVOCC・フォワーダー

NVOCC・フォワーダーとは、荷主と輸送業者の間をとりもつコーディネーター。運搬手段として船会社を利用するのがNVOCC、航空会社を利用するのがフォワーダーになります。これらは、元々港湾運送事業者や倉庫事業者から発展したケースが多く、近年では、各社エリアに特化した強みを発揮し、競い合っています。

<<「NVOCC・フォワーダー」を詳しくみる>>

船会社・航空会社

船会社や航空会社で求められる貿易事務は、通関業務とは一線を画しており、輸送に直接関わる業務がメインとなってきます。 船と飛行機という違いはあるものの、どちらも自社が所有する運搬手段を用いて、貨物を日本から海外へ、あるいは海外から日本へ、実際に運ぶ役割を担っています。

<<「船会社・航空会社」を詳しくみる>>

求人数で選ぶおすすめの人材派遣会社3選を見る
貿易事務の仕事を探すなら!求人数で選ぶ、おすすめの人材派遣会社3選を見る