HOME » 業種によって異なる貿易事務の仕事のちがい » 会計事務所での貿易事務の仕事とは

会計事務所での貿易事務の仕事とは

会計事務所の事務

大企業だけではなく、中小企業においても、製造コスト低減や直接輸出による粗絵利益率の向上などを目的として海外事業の展開や国際取引を行う企業が増えています

また、インターネット普及により、輸出ビジネスを行う個人事業主も増加傾向にあり、貿易事務や専門的な経理会計のサポートの需要は高まりつつあります。

人材派遣会社3選 簡単早見表

企業名 リバティー テンプスタッフ アバンティスタッフ
掲載求人数 77

61

24

社内研修

・貿易研修

・パソコン研修

・自分磨き講座

・提携スクールの利用可能

(JETROやAEONなど)

・テンプオープンカレッジ

・無料eラーニングL-TEMP

・提携スクール

(アビバ、イーオンなど)

掲載なし

サポート・福利厚生

・保険制度

・定期健康診断

・有給休暇

・通勤交通費控除など

・ママ支援

・社会保険

・有給休暇

・産休、育休制度など

・有給休暇

・社会保険

・健康診断

・クラブオフ

会計事務所での貿易事務の仕事内容

貿易実務を行う上で、お金の流れを把握することはどんな職場であっても必須とも言えます。会計事務所の貿易事務ともなれば、より適切な会計処理を求められることになるでしょう。

また、顧客によっては、輸出入の経験がなく、「輸出入通関」や「法令部分」などの専門知識がない場合もあります。貿易に関わる基本的なルールや、外貨の換算、英語文書の和訳など、多くのサポートを必要としている場合は、総合的な知識とスキルを求められます。会計士と共に、チームを組んで顧客をサポートすることも多いでしょう。

顧客によって求められるスキルは様々

会計事務所の顧客は、大企業、中小企業、個人事業主と様々で、その顧客によって求められるスキルも様々です。近年ではネットを利用して「ebay」や「amazon」での輸出ビジネスを行う個人事業主も増加していますが、そういったネット輸出ビジネスは独特なお金の流れがありますので、申告や税務調査に備えたサポートが必要となります。

また、大企業の顧客を担当する場合は、取引先の国も一つや二つではないかもしれませんし、動くお金も莫大なものとなりますので、語学力や実務の高いスキルが求められます。

会計事務所の選び方

会計事務所によって、相続税に特化している事務所や企業の財務に特化している事務所、中小企業の法人税や所得税をメインにしている事務所や国際財務を中心に行っている事務所など様々です。

会計事務所の規模によっては、顧客と接するのは代表者だけで後の人はひたすら書類整理やデータ入力の業務を行うといった場合も。自分のスキルを活かせて、更に成長できるような環境の事務所を選ぶことをおすすめします。

会計事務所での貿易事務はこのような方に向いています

会計事務所での貿易事務は、経理や会計、財務の知識や業務経験があり、また、顧客が何を求めていてどんなサポートが必要なのかを見極める力を持った方に向いています。

自社の取引管理ではなく、あくまでも顧客のサポートとなりますので、知識と経験だけではなくサービス精神もあると更に活躍できるでしょう。「税理士」「会計士」「簿記」などの資格を持った方、コンサルティング経験のある方にもおすすめです。

求人数で選ぶおすすめの人材派遣会社3選を見る
貿易事務の仕事を探すなら!求人数で選ぶ、おすすめの人材派遣会社3選を見る