通関業者

本ページでは、通関業者で行われる貿易事務の仕事について、まとめています。

通関業者での貿易事務の仕事とは?

商社やメーカー、船会社や航空会社といった業種に比べると、通関業者というのは一般的には馴染みの薄い業者かもしれませんね。しかし一方で、貿易という仕事に携わる者であれば、通関という手続きは避けて通れません。そして通関業者とは、その通関業務を専門的に請け負う業者という位置づけになります。

より詳しく見ていきましょう。海外から商品である食品、原材料、資源物資などを輸入する場合や、あるいは逆に、そうした物資を日本から海外に輸出する場合に、それらの品々には関税という税金が課せられるのはご存知ですね?通関業務というのは、商品や物資に関税がどれだけかかるかを正しく計算し、国に「この商品をこれだけの分量で輸入(あるいは輸出)しますので、これだけの税金を支払います」と申請すること。

この手続きを正しく行えば、国から許可が与えられ、ようやくそれらを貨物として動かすことができるのです。逆に、この関税の計算が間違っていたり、手続きに不備があったりすると、これらの物資が保税倉庫で足止めされてしまったり、後から追加で関税を強いられたりといったことになりかねません。そうした意味でも、通関業務は非常に重要な意味を持っています。

メインの仕事は通関書類の作成

通関業者とは、商社やメーカー、あるいは船会社や航空会社などから、こうした通関業務の代行を請け負う業者なのです。業務内容は、通関書類を作ることをメインとして、荷主・航空会社・船会社・倉庫会社などと折衝しながら、輸送の予約や運送の手続きを代理代行しています。

商社やメーカー、船会社、航空会社などが、通関業者に代行を依頼せず、自己完結で行うこともあり、その場合、貿易事務の一環として通関業務を行うこともあります。逆に、通関業者が海外の取引先とのコレスポンデンスなどを行うことはまずありません。そうした意味では、通関業者での貿易事務は、比較的限定された領域の業務ということになります。

ちなみに昔の海運業者の呼び名である「乙仲(おつなか)」という言葉を現在の通関業者を指す言葉として用いる場合もあります(国際輸送業務を行う「フォワーダー」を乙仲と呼ぶこともあります)。

また、この業務は通関士の資格を持っていると就業や待遇面で大きな武器となります。通関士資格については「持っていたほうがいい資格は?」のページで紹介していますので、併せてご覧ください。

通関業者の貿易事務はこんな方に向いています

通関業者の貿易事務として働きたいと思った際に必須になるのは高い英語力です。語学力を活かして貿易事務の仕事がしたいと思っている方に向いています。業務を行う中ではかなり専門知識も必要となってきますが、通関業者では貿易事務の基本ともいえるような書類の作成業務もあるため、経験を積みたい方にも向いているでしょう。

また、日常の業務の中ではさまざまな事務処理を担当することになるのですが、ここでは正確性はもちろんのこと、スピードも求められます。ひとつひとつの仕事を確実にし、ミスのない処理が必須となるので、慎重に物事を進められる人に向いているでしょう。 貿易事務の業務では自分自身でさまざまな注意を行い、確認もしなければなりませんが、通関業者での業務ではそういった高い能力が求められます。

また、通関士の資格を取得するのも大きなスキルアップに繋がるので、資格取得に前向きな方のほうが向いているでしょう。

<<通関業者など貿易事務の求人数が多い人材派遣会社3選>>

求人数で選ぶおすすめの人材派遣会社3選を見る
貿易事務の仕事を探すなら!求人数で選ぶ、おすすめの人材派遣会社3選を見る