NVOCC・フォワーダー

本ページでは、NVOCCやフォワーダーという仕事の説明や、そこで行われる貿易事務のお仕事について説明します。

そもそもNVOCC・フォワーダーとは?

フォワーダーというお仕事もNVOCCという業種も、貿易業務に携わっていなければ、ご存知ない方がほとんどではないでしょうか。それこそ貿易事務の初心者だと、求人募集に「フォワーダー」「NVOCC」とあっても、なんのことか分からなくても不思議ではありません。一方で貿易業に関わる者にとっては、知っておかなければならない業務です。具体的に見ていきましょう。

NVOCC・フォワーダーというのは、荷主と輸送業者の間をとりもつコーディネーター、あるいは仲介業者のこと。ちなみに、NVOCCとは、“Non Vessel Operating Common Carrier”の略で、「非船舶運航業者」と訳されます。フォワーダーの中でも、海上輸送を扱う業者をNVOCCと呼んでいます(厳密にはフォワーダーの一部門(海上輸送)がNVOCCですが、航空会社を利用するのが「フォワーダー」、船会社を利用するのが「NVOCC」と呼ぶケースもあります)。

NVOCCやフォワーダーは、元々港湾運送事業者や倉庫事業者から発展したというケースが多く、近年では、アジアに強い、ヨーロッパに強いといった各社ならではの強みを発揮し、競い合っています。また荷主と輸送業者の間を仲介するだけでなく、通関手続きや書類作成の代行、荷物の保管などの付帯サービスも依頼できるところが多いのです。

輸送・通関業務をワンストップで外注できるパートナー

つまり、自前の輸送手段を持たない商社やメーカーなどにとっては、NVOCCやフォワーダーは輸送や通関などをワンストップでアウトソーシングできるパートナーということになります。商社やメーカーなどにとっては、NVOCCやフォワーダーが提供する様々な選択肢から、コストや日数の面で最適な輸送手段をチョイスすることができます。また、

それこそ出発地から到着地まで、貨物の保管や配送、通関手続きなど輸送に関するすべてを依頼でき、業務やコストの効率化や時間短縮といったメリットも生まれます。

それゆえ貿易事務の仕事も、通関業者と比べるとより広い業務範囲となります。ある意味、貿易に関するすべてに携わるといっても過言ではありません。派遣先の選定の際は、こうした点を十分に考慮しておきたいところです。

NVOCC・フォワーダーの貿易事務はこんな方に向いています

NVOCC・フォワーダーの仕事に就きたいと思った場合、これまで全く貿易事務の経験がない初心者の方は少し不利かもしれません。というのも、求人情報の多くは過去に貿易に関する書類を作成した経験がある人に限定されているケースが多いためです。高い事務処理能力が求められており、その中では正確性とスピードが必須となります。 NVOCC・フォワーダー関連の職場で働くことになった場合、急な変更があった際に臨機応変に対応できる能力も求められるでしょう。各関連会社との調整を取ったり、それに関する書類を即座に作成するのも貿易事務の重要な仕事です。

初心者の方は急な変更に対応するのが難しく、手間取ってしまうことも多いですよね。そのため、NVOCC・フォワーダーで働きたいと思っているのであれば、まずは他の職場で経験を積み、スキルアップのためにNVOCC・フォワーダーへの転職を検討する方が向いています。

<<NVOCC・フォワーダーの求人は?おすすめ人材派遣会社はこちら>>

求人数で選ぶおすすめの人材派遣会社3選を見る
貿易事務の仕事を探すなら!求人数で選ぶ、おすすめの人材派遣会社3選を見る