船会社・航空会社

本ページでは、貿易における船会社や航空会社の役割と、それぞれに関連する貿易事務のお仕事についてまとめています。

船会社や航空会社での貿易事務とは

船会社や航空会社とは、船と飛行機という違いはあるものの、どちらも自社が所有する運搬手段を用いて、貨物を日本から海外へ、あるいは海外から日本へ、実際に運ぶ役割を担っています。では、それぞれ貿易事務に関連する業務を、どこまで自社で担っているのでしょうか。

航空会社の場合、JALやANAなどの航空会社が、自社で通関業務や荷主からの依頼を直接受け付けることはまずありません。代わりに、そうした業務はフォワーダーと呼ばれる協力業者や、航空貨物代理店と呼ばれる航空会社の貨物輸送業務を代行する業者が担っています。これらの業者が通関や書類の作成、荷主との調整を行い、また航空会社とはどの便でどれだけの荷物を割り当てるかといったことを交渉・調整します。

航空会社での貿易事務は、こうした外部の協力会社との窓口業務が中心となり、貿易事務のメイン業務とは少し異なるかもしれません。むしろ、フォワーダーや航空貨物代理店が担う業務の方が、本流といってよいでしょう。

輸送に直接関わる業務内容がメイン

船会社の場合も、日本郵船や商船三井といった船会社(海運会社)が、直接通関手続きなどを行うことはあまりありません。書類作成などの任務も、基本的には荷主サイドの領分になります。積み込みや荷下ろし、輸送スケジュールの調整、運賃の見積もり、入金、入港する港との交渉、荷主との対応などが主な貿易事務の仕事になりますが、これらは船会社の傘下グループ会社に外注したり、NVOCCやフォワーダー、船社代理店、通関業者などに委託する場合が多くなります。

船会社や航空会社で求められる貿易事務とは、通関業務とは一線を画しており、輸送に直接関わる業務がメインとなってきます。逆に、NVOCCやフォワーダー、航空貨物代理店や船社代理店といった会社の方が、貿易事務の仕事としては本流となり、より幅広い業務をカバーしていると言ってよいでしょう。

船会社・航空会社の貿易事務はこんな方に向いています

未経験者OKとしているところもあるので、これから貿易事務として経験を積んでいきたいと思っている方にも向いているでしょう。その場合、貨物に関するデータの入力やオペレーション業務がメインとなります。ただ、実際に未経験者歓迎の職場に応募をして働き始めたものの、実際の業務は経験者でなければ難しいものも多いようです。

船や飛行機には危険なものを載せられないだけでなく、積み込める量も限られていますよね。ブッキングを受けた際に本当に危険なものではないのか、積み込めるのかなども細かく確認したうえで、業務を進めていくことになるため確認作業も多いです。

ある程度、他で経験を積んできた方であればスムーズに業務を進められる可能性が高いのですが、船会社・航空会社から初めて経験を積んでいく方もいます。作成しなければならない書類の種類も多いですが、前向きにスキルアップが目指せる方に向いている職場だといえるでしょう。

<<船会社・航空会社など貿易事務の求人数で派遣会社を比較>>

求人数で選ぶおすすめの人材派遣会社3選を見る
貿易事務の仕事を探すなら!求人数で選ぶ、おすすめの人材派遣会社3選を見る