HOME » まるわかり解説!貿易事務とはこんな仕事

まるわかり解説!貿易事務とはこんな仕事

本カテゴリーでは、そもそも貿易事務とはどういうものか、仕事内容や求められるスキル、給与などについてまとめています。

貿易事務とは何か?分かりやすく解説

貿易事務とはその名の通り「貿易」に関するお仕事。商品の輸出入を取り扱う企業で、事務処理を担当します。就職先は商社やメーカーをはじめ、銀行、保険会社、航空会社などさまざま。企業や公的機関など、あらゆる場所で貿易事務の仕事が行われています。

事務というぐらいですから電話やメール、来客対応、文書作成はもちろん、それ以外にも貿易事務の仕事は幅広いものです。

例えば、輸出関係と輸入関係はそれぞれ業務内容が異なります。基本の事務作業はほとんど変わりませんが、輸出関連は輸出通関書類・通関手配・買取手続き・ブッキングなど。輸入関連は輸入通関手配・商品の納入管理・関税や消費税の支払い・納期の調整などを担当することがあります。

貿易事務の仕事は社内外の人と連絡を取り合うことも多いため、コミュニケーションスキルが問われます。就職先の企業によって業務内容にやや違いがあるようなので、事前にリサーチするのがおすすめです。

貿易事務は未経験からも人気の職種。貿易の仕事なので、海外の担当者と連絡をとることも多く、英語のスキルもあがるでしょう。時給の平均が1,500円前後(はたらこねっと調べ)と、他の職種に比べて高いのも◎。専門知識やパソコンスキル、コミュニケーション能力など、仕事を通して身に付いていくことも多く、自分自身の成長を感じられるでしょう。貿易事務の経験者からは「英語が上達した」「任される業務が多くなり、やりがいを感じている」という声も上がっています。

未経験者を採用している企業は意外と多いもの。「英語はまったくダメ」「就職の経験がない」となると、厳しいかもしれません。ですが、ある程度英語が話せたり、パソコン操作ができたり、事務の経験があったりすると、即戦力になれる可能性は十分にあります。通関士や貿易実務検定など関連の資格をもっていると、さらに採用にグッと近づけますよ!

貿易事務の仕事をしてスキルを積めば、海外出張のチャンスも夢ではありません。それなりの努力は必要ですが、とてもやりがいのある職種です。貿易事務の仕事、目指してみませんか?

どんな仕事内容なの?

貿易事務とは、輸入または輸出に関して、必要な業務の事務全般を担う仕事。具体的には、メールやFAXによる商品・物資の受注や発注のやりとり、船積みや航空便積載に関する書類の作成、通関に関する手配や手続き、海外の取引先との確認や交渉、さらには国内での運送便や保管倉庫の手配なども含まれます。

<<「どんな仕事内容なの?」を詳しくみる>>

求められるスキルと知識

貿易事務という仕事は一定以上のスキルや知識が求められる職業ですが、他の仕事で身につけた経験やスキルがまったく役に立たないかというと、そうではありません。語学力や事務処理能力、貿易の専門知識など貿易事務に必要とされる具体的な経験やスキルについて見ていきましょう。

<<「求められるスキルと知識」を詳しくみる>>

未経験でも大丈夫?

未経験者が貿易事務の仕事を目指す場合、まず相応の経験や知識を一定レベル以上身に付けることが大事。「未経験者でもOK」という求人案件から入っていき、貿易事務の仕事に実際に触れながら、経験値を引き上げ、順を追ってステップアップしていくのが王道でしょう。

<<「未経験でも大丈夫?」を詳しくみる>>

給与はどれくらい?

貿易事務の仕事は、いわゆる能力給の割合が高くなる傾向があります。TOEICや英検などの資格保持者は、給与の面でも優遇される傾向があります。また、貿易実務検定試験など貿易関連の試験や資格に合格すると給与のアップに大きく影響するというのも、この業界ならではの特色です。

<<「給与はどれくらい?」を詳しくみる>>

持っていたほうがいい資格は?

一般的な事務処理能力はもちろん必要ですが、語学力(英語力)と、貿易に関する知識やノウハウが不可欠です。貿易事務の仕事に就くにあたっては、これらに関連がある資格を取得しておくと、より有利な条件や待遇が期待できたり、仕事を選ぶ選択肢が広がったりします。

<<「持っていたほうがいい資格は?」を詳しくみる>>

貿易事務の倍率を知りたい

貿易事務として働くことを検討する際に気になるのが倍率の問題です。一般的な事務の求人と比べて貿易事務の求人倍率はどれくらいになっているのでしょうか。貿易事務は英語力や事務としての知識や経験を活かして働ける魅力的な仕事です。しかし、倍率があまりに高いと仕事を見つけることは難しくなってしまいますよね。具体的にどれくらいの倍率になるかは求人によって異なりますが、実は一般事務よりも倍率は低い傾向にあります。その理由とは?

<<「貿易事務の倍率を知りたい」を詳しくみる>>

貿易事務は第二新卒でも可能?

貿易事務の仕事をしたいと思っているけれど、自分は第二新卒だから就職先が見つかるか不安…と感じている方もいますよね。ですが、必要以上に心配することはありません。ここでは第二新卒でも貿易事務の仕事に就けるのか、求人情報はどのようになっているのかなどについてご紹介します。 また、第二新卒と新卒ではアピールすべきポイントも変わってくるので、何を武器にしてアピールしていけばいいのかもご紹介するので参考にしてみてくださいね。

<<「貿易事務は第二新卒でも可能?」を詳しくみる>>

貿易事務のやりがいを知りたい

貿易事務の仕事に興味があって検討をしている方にチェックしておいて欲しいのが、どのようなポイントにやりがいを感じる方が多いのか?ということです。やりがいを感じられればそれだけ前向きに仕事に取り組めますし、自分にとっての目標を探すこともできますよね。 実際に貿易事務として働いている方がどのようなことにやりがいを感じているのかチェックしてみましょう。簡単ではありませんが、キャリアアップにも繋がる魅力的な仕事です。

<<「貿易事務のやりがいを知りたい」を詳しくみる>>

求人数で選ぶおすすめの人材派遣会社3選を見る
貿易事務の仕事を探すなら!求人数で選ぶ、おすすめの人材派遣会社3選を見る