HOME » まるわかり解説!貿易事務とはこんな仕事 » どんな仕事内容なの?

どんな仕事内容なの?

本ページでは、貿易事務とはどんな仕事をするのか、どんな種類があるのかという点について紹介します。

どんなことをするの?貿易事務の仕事とは

貿易事務とは、貿易に関する各種事務を担う仕事です。ただし、この言葉だけでは、それ以上の詳しい内容はなかなか想像がつきにくいかもしれませんね。具体的に見ていきましょう。

そもそも貿易とは何でしょうか?2国間(3国間の場合もあり)で商品・物資の売買を行い、それを船舶や航空便で輸送することですね。そして貿易には大きく分けて2種類あり、日本から海外へ向けて物資を売りさばき発送することが輸出、逆に海外から買い付けた物資を日本に輸送してもらい受け入れることが輸入です。

そして貿易事務とは、この輸入ないし輸出に関して必要な業務の事務全般を担う仕事。より詳しく言えば、メールやFAXによる商品・物資の受注や発注のやりとり、船積みや航空便積載に関する書類の作成、通関に関する手配や手続き、海外の取引先との確認や交渉、さらには国内での運送便や保管倉庫の手配なども含まれます。

派遣先の企業によって仕事は異なる

これらの業務のうち、どこからどこまでを行うのかは、派遣先の企業によっても異なりますし、派遣登録者の技量や知識、経験値などによっても任される領域は異なってきます。もちろん初心者であれば比較的簡単な仕事となり、逆に経験や知識が豊富であるほど、より重要なポジションを任されるという具合。それこそ派遣の立場でも、会社の収益を左右するようなポジションを任されることもあります。

貿易事務という仕事は、一定レベルの語学力や貿易に関する専門的な知識が求められるので、甘いものではありません。

一般事務をしていると、1ヶ月ほどで業務を覚えられたとしても、貿易事務では半年ほどかかってようやくマスターできるようになることがほとんど。主なコミュニケーションは記録に残るメールでのやり取りが多いため、英作文や読解力が必要となります。緊急時には電話でのやり取りが発生する場合もあるので、ある程度の英会話力も必須です。

また、外国企業を相手にしているため時差が発生し、朝早くから、もしくは定時後に対応しなければならないことも…。そのため残業時間が長い会社もあります。

しかし一方で、それだけやりがいがあり、キャリアアップを見込めるものです。この点をよく踏まえた上で、貿易事務に対応できるだけのスキルや知識を予め身につけておくことが賢明です。では、そのようなスキルや知識とはどのようなものでしょうか?詳しくは「求められるスキルと知識」のページでご紹介していますので、ぜひチェックしてくださいね。

貿易事務の仕事のメリット

専門職ということもあり、他の職場では身に付けられないような、さまざまな知識を身に付けられます。貿易を行う上で欠かせない存在でもあるので、やりがいも感じられるでしょう。

特に、頼れる貿易事務になれば多くの方から、さまざまな依頼をされるようになるはずです。

また、貿易事務を仕事とする大きなメリットともいえるのが長く働けるということ。女性の場合は結婚や出産、子育てなどが理由で職場を離れることもあるでしょう。ただ、職種によっては一度退職すると職場復帰するのが難しいものもありますよね。

しかし、貿易事務の場合は一度退職したとしても職場復帰しやすく、将来性の高い仕事だといえます。

それから、貿易事務の需要はますます高まるといわれているため、将来的に見ても仕事が途切れることはないでしょう。地方の中小企業の中にも貿易を行うところが増えており、海外取引に力を入れるところがたくさん出てきました。

需要が増えればそれだけ求人や職場の選択肢も増えていくので、理想的な働き方を目指しやすい職種だといえるでしょう。

英語の技術を身に付けたけれど、なかなかそれを披露する場がない…と悩んでいる方にも貿易事務がおすすめです。貿易事務であれば日常的に英語を使う機会がありますし、海外の方とさまざまなコミュニケーションを取ることができます。

英語を学んでいく中で海外の知人を作りたいと思っている方もいるのではないでしょうか。貿易事務の仕事を通して海外の知人が増えた方も少なくありません。

また、高時給が期待できるのも貿易事務の大きな魅力です。派遣先によってどれくらいの収入が得られるかは違いますが、専門的な知識を必要とする仕事なので、かなり高めの時給が設定されています。

自分の持っている知識や経験を活かして高収入を得たいと思っている方も検討してみてくださいね。

毎日刺激を受けながら働けるのも貿易事務のメリットです。事務職の中には単調なオフィスワークになるところも多いですよね。

しかし、貿易事務の場合は1人でさまざまな業務を担当することになるため、退屈に感じることはほとんどありません。頭を使う場面も多いのですが、だからこそスムーズに取引を進められた時のやりがいも感じられるでしょう。

それから、金額の大きな取引に携わることもあります。日常生活の中で数千万円、数億円といった金額に触れることはありませんが、仕事の中で億を超えるお金と関わることもあり、そこに達成感とやりがいを感じている方が多いようです。

一般的な事務職の中には営業から言われたことだけを行うような業務内容のものもありますが、そういった業務にうんざりしている方がやりがいを求めて貿易事務を検討することもあります。

貿易事務のエピソード

Aさん「生きた英語を話す環境でとても勉強になります」

今まで生命保険会社で営業をしていたのですが、派遣会社への登録がきっかけで貿易事務の職に就くことになりました。はじめは輸入業務を行っていましたが、引越しが決まり半年で退職。しかしその経験のおかげで仕事の幅が広がり、現在は大手メーカーで中東へ部品を輸出する業務を担当できています。海外の方とのやり取りがメインなので、毎日生の英語に触れることができて勉強になりますよ。貿易事務は、まず経験を積むことが重要だと実感しました。

Bさん「貿易事務で昔からの夢が叶いました」

昔から海外と関係のある仕事に就きたいと考えていました。事務を希望していましたし、なにより海外とやり取りができることに興味を持ちチャレンジしてみようと決意。現在ステンレスの輸入を担当していて、毎日ものすごいスピードで業務が進んでいきます。ついていくのに必死ですが、覚えがはやい!と褒められることもあって、それが活力になっていますね。英文メールは作成するのに時間がかかったり相手に上手く伝わらなかったりすることもあり大変ですが、昔からの夢が叶ってすごく楽しいです。

Cさん「経験がなくても貿易事務として働ける!」

未経験で貿易事務へ転職しました。資格は運転免許くらいですし、英語力も中学生レベルほどです。私が勤めている会社は先方が日本語の通訳を通して連絡してくれるので、やり取りは日本語が多いですね。書類はすべて英語になっていますが、作成するのは先方なのでこちらでは基本的にナシ。アジアとのやり取りなので時差はほとんどなく、朝早く・夜遅くに対応ということもほぼありません。未経験でも英語力がなくても貿易事務ができるということに感謝しています。

Dさん「仕事の中でやりがいを見つけられました」

大学を卒業してからしばらくの間は一般会社の事務として働いていました。仕事が休みの日や空き時間を使って趣味で英語の勉強をしており、ついにTOEICで700点を超えて喜んでいたのですが、普段の職場では英語を披露する機会があまりありません。せっかく身に付けた知識も活かせずもったいないな…と自分で感じていたところ、友だちの紹介で貿易事務の仕事をすることに。大好きな英語でやりとりをする機会も多く、自分に自信を持てるようになりました。仕事内容も自分に合っているようでとても楽しめています。

Eさん「収入の高さに惹かれて応募!稼げる!」

時給の高さに惹かれて求人に応募しました。毎日かなり大きなお金が動いており、それに自分が携わっているのだと思うと誇らしくもあり緊張もします。最初のうちは自分に務まるかな?と心配になることもありましたが、周りのサポートもしっかりしていて安心して業務ができています。スムーズに仕事が進んだときの達成感もかなりのもので、収入の高さにも満足!貯金もかなり増えてきたので、このまま貯めていきたいです。

貿易事務で働く人の1日をチェック!

貿易事務は、どのようなスケジュールで1日の業務をこなしているのでしょうか。実際に輸入に携わっている方のスケジュールを見てみましょう!

  • 9:00
    出社。海外の自社工場から送られてきたメールを確認し、必要に応じて返信する。終わり次第、今日行うべきタスクを確認・整理。1日の流れを把握して滞りがないようにする。
  • 10:00
    国内工場で必要な部品の明細・請求書がメールで届く。内容の確認を行い、担当者へ送る。
    同時刻、海外自社工場で造られた商品の明細・請求書も届き、内容をチェックした上でメーカー担当者へ送付する。
  • 11:00
    船会社の運行状況をチェック。特に遅れている様子はないので、時間通りに納品できる予定。
  • 11:30
    今日の午前中で確実に行わなければいけない仕事がひと段落したため、溜まっていたデータ入力を新人に教える。少しでも時間が空く場合は、新人にできる限り教育を行い、戦力へと育てる。
  • 12:00
    お昼休み。午後に備えてしっかり休憩を取る。
  • 13:00
    予定していた港に明日入港だった船が、急きょ別の港へ変更になったと連絡がくる。同時に、依頼したトラックがキャンセルになるという別のトラブルも発生。(場所によっては、取引先の運送会社でも嫌がられて断られることがあるので最後まで油断できない。)
    早速ほかの運送会社へ連絡し、最短で納入できるトラックがないか確認・交渉を行う。
  • 14:00
    午前中に対応した関係先から明細・請求書に急ぎの商品が記載されていないと連絡が入る。メールだといつ返信がくるかわからないため、急いで電話をかけて海外の工場に問い合わせる。
  • 14:15
    急ぎの商品は生産が追い付かなかったということで、船ではなく航空便での発送となった。国内の関係先に連絡して事情を説明し、希望の納期を確認する。再度海外工場へ連絡し、納期について伝える。
  • 14:30
    航空便の到着時間に合わせてトラックの手配を行う。運搬する量が多く、必要な台数を集めるのに時間がかかった。
  • 15:00
    急なトラブル対応がようやく落ち着き、新人から業務に対する相談を受ける。一通りの業務はしてもらっているが、まだ関係先からの質問すべてに答えられないため、こちらへ回してもらうようにしている。
  • 15:30
    クライアントの担当者とミーティング。コストや輸送の安定性など、物流改善に向けて話し合う。1時間ほど議論したところで終了。
  • 16:00
    国際宅配便に納品依頼を行う。
  • 18:00
    残業はなく、定時で退社。

貿易事務は決まったことだけを行うルーチンワークではありません。毎日業務が異なります。

例えば、輸入であればメールやFAXの内容を確認して返信したり、海外の取引先へ発注・契約書の作成を行ったりします。その他には、貨物の納入手配や届いた際の検品・品質検査をすることも。

輸出だと船積スケジュールの確認や船の予約、輸出書類・売買契約書・注文書の作成はもちろん、銀行へ決済に関する書類を提出しに行くことも貿易事務の仕事です。日々決まった仕事ばかりではないので、毎日の業務が新鮮でやりがいがあります。

求人数で選ぶおすすめの人材派遣会社3選を見る
貿易事務の仕事を探すなら!求人数で選ぶ、おすすめの人材派遣会社3選を見る