HOME » まるわかり解説!貿易事務とはこんな仕事 » 貿易事務で働く前に志望動機も考える

貿易事務で働く前に志望動機も考える

人材派遣会社3選 簡単早見表

企業名 リバティー テンプスタッフ アバンティスタッフ
掲載求人数 77

61

24

社内研修

・貿易研修

・パソコン研修

・自分磨き講座

・提携スクールの利用可能

(JETROやAEONなど)

・テンプオープンカレッジ

・無料eラーニングL-TEMP

・提携スクール

(アビバ、イーオンなど)

掲載なし

サポート・福利厚生

・保険制度

・定期健康診断

・有給休暇

・通勤交通費控除など

・ママ支援

・社会保険

・有給休暇

・産休、育休制度など

・有給休暇

・社会保険

・健康診断

・クラブオフ

「貿易事務」の志望動機のポイントについて

「大学で英語を勉強した」「留学経験があり外国語が堪能」「海外に活躍の場を広げたい」など、このようなスキルや志望動機から、貿易事務の仕事に就くためには語学に堪能である必要があると想像している人もいるのではないでしょうか。

貿易事務をはじめ、就職する際には履歴書に、「この職場を志望した動機」「現在持っているスキル」「海外留学等の経験がある」といった自身のその職場に対するアピールポイントを示す必要があります。他にも積極性や努力家である事などの自分の長所も加えることで、より一層採用担当者の目に留まるように伝える必要があります。

では、どのようにアピールすれば良いのでしょうか。方向性の違ったアピールをしてしまったら、入社希望の貿易事務の会社に就職できなくなってしまいます。そうならないために、志望動機を書く時のポイントを覚えておきましょう。

志望動機を書く前に、貿易事務に必要な能力を抑えておくことが大切です。

さまざまな貿易に関わることで、複数の企業との連携をとらなければなりません。ビジネスマナーはもちろん、コミュニケーション能力も必要となってきます。また、パソコンを使用した重要データの管理もおこなうため、スピーディかつ正確に作業する情報処理能力も求められます。そして、貿易に関する専門知識と語学の習得が必要なことは言うまでもありませんよね。

志望動機を書く際は、パソコンが得意・お金の計算が得意等の総合的な「事務」関連の仕事に関する動機を書かないように注意しましょう。これでは貿易事務ではなく、総務や経理での仕事でも良いと受け取られてしまいます。

なぜ「貿易事務」という職を選んだのかが明確に理解できる志望動機を心がけることが重要なのです。

アピールポイントの参考例・NG例

参考例

就職活動中の人のなかには、貿易事務を選んだ明確な理由を説明する人が苦手な人もいます。そんな人のためにアピールポイントの参考例を紹介していきます。

貿易という職種に着目して志望動機を作成することで、貿易事務ならではのアピールポイントを見つけ出します。例えば、「御社を志望した理由は、貿易という仕事を通して世界中の人と関わり合い、さらにはその関わった人たちに御社の魅力を伝えることができるからです。また、流通の仕組みについても興味があり、貿易事務の仕事を通して様々なことに挑戦していきたいと考えています。」というように、貿易事務だからこそできることを明確にすることが大切です。

また、「1年間の海外留学経験により、海外の魅力はもちろん、さまざまな日本製品が輸入されていることにとても驚きました。その瞬間から流通に興味を持ち、留学期間中から貿易関連の知識を深める勉強に励んできました。留学経験のなかで培ってきた英語スキルや、貿易知識を活用して、御社の良質な製品を世界中に供給していきたいと考えています。」このように、自分の経験とスキル、努力家であることを同時に記載することで、即戦力となれることをアピールしています。

NG例

逆にNG例としては「私には1年間の海外留学経験があります。そのため、英語を活用したコミュニケーションも得意です。この英語力を活かし御社に貢献していきたいと考えています。」というように一見長所をアピールできている文章です。この文章では英語力が高いこと、英語に自信があることは十分理解できました。しかし、肝心の貿易事務については一切触れていません。英語力が必要な職場だからといって、英語に関する能力だけを主張しても、英語を活かせる職種は他にもあるため、採用担当者の心には響きません。

今後の展望を記載することも大切

貿易事務には特別な資格は必要ありません。しかし、一般的にTOEIC600点以上が必要であると言われています。また、貿易実務検定や通関士等の資格を所有していることで、採用の際に有利になります。そのため、これらをアピールポイントとすることも可能です。

また上記資格を所有していなくても、入社した後に惜しみない努力で外国語を習得したり、貿易知識を深めたり等の誰にも負けない情熱や熱意をアピールする方法もあります。

入社後のスキル習得やキャリアアップを目指す向上心も大切<です。今はまだ語学力に自信がなくても、海外企業とのメールや電話のやり取りを行っていくことで語学力は向上します。さらに、マルチタスクな能力を必要とする貿易事務の仕事を通して、対応力・正確な事務処理能力・貿易関連の専門知識等々が身につきます。

これらの能力を得たら、さらにどのような事に活かし、企業への貢献ができるのかを記載することで、より良い志望動機が完成します。

履歴書は採用担当者が一番始めに応募者の第一印象をチェックする通過点です。応募者があまりにも多い場合は、似たような志望動機が多数出てくる可能性もあります。そのため、オリジナリティを求める採用担当者もいますので、ぜひ、自分自身の経験やスキルをアピールできるオリジナルの文章を作成するのを大切にしてください。

求人数で選ぶおすすめの人材派遣会社3選を見る
貿易事務の仕事を探すなら!求人数で選ぶ、おすすめの人材派遣会社3選を見る