HOME » まるわかり解説!貿易事務とはこんな仕事 » 貿易事務のやりがいを知りたい

貿易事務のやりがいを知りたい

貿易事務のやりがいについて

貿易事務の仕事といえば、非常に専門的な知識を必要としますが、その分やりがいも感じられます。ただ、具体的なやりがいがわからないと自分が働き始めた時の相談もしにくいかもしれません。

そこで、実際に貿易事務として働いている方がどのようなことに対してやりがいを感じているのかについてご紹介しましょう。貿易事務の仕事を目指そうかどうか悩んでいる方もチェックしてみてくださいね。

まず、自分が大きな輸出入に関わるだけでやりがいに繋がるはずです。特に大企業の場合、一度で数千万円規模のやりとりをすることもあり、そういった業務の多くを貿易事務が担当することになります。

輸出入に関わる仕事ということもあり、日本の製品を海外へ広く発信できるためのお手伝いをしている、海外でしか取り扱われていないものを日本代理店として輸入し国内へ広める業務に関わっているなど取り扱う業務の内容によって感じられるやりがいは異なってくるでしょう。

また、自分のコミュニケーション能力や英語力も活かせます。貿易事務の仕事といってもやりとりするのは海外のお客さんだけでなく、国内の担当者や営業マンとも協力しながら業務を行うことになるため、大変さはあるものの高いやりがいを感じられるはずです。

日本国内の企業との取引では感じられないようなやりがいもあります。例えば、海外は起きている時間帯も違うわけなのでメールでやりとりをするにしても時間がかかったり、国によって違う風習に悩むこともあるでしょう。

ミスや手違いなどに関する対応も国によって違いがあります。こういったことも貿易事務の仕事が過酷だと言われる理由なのですが、お互いに協力しながら一つの取引を終えることは大きなやりがいに繋がるはずです。

貿易事務の仕事は1人ではできません。営業担当の方と基本的なやりとりを行い、他の部署との提携もしながら仕事を進めていきます。更には貿易に関する契約や船積み、通関、決済などの業務のすべてに携わることもあるため、非常に頼りになる存在だといえるでしょう。

貿易事務で専門的な知識を積める

貿易事務を行うので専門的な知識が手に入ることを大きな魅力だと感じている方もたくさんいるようです。日常生活ではあまり触れない世界でもあるので、長く業務を続けてキャリアを積み、知識や専門用語について学んでいくことはやりがいに繋がるでしょう。

貿易事務員のスキルは取引の成功率や完了までのスピーディーさを大きく左右します。ベテランの貿易事務になれれば転職などをする際にも引く手あまたの状態になることも珍しくありません。

経験者は特に優遇してくれる職場も多いので、たくさんの経験を積んで評価されたいと思っている方も貿易事務でキャリアを積んでみましょう。

しばらく貿易事務員として勤めてキャリアを積めば、ブランクがあったとも再就職しやすくなります。例えば、妊娠や出産、子育てなどが理由で一時的に職場を離れてしまう方もいますが、貿易事務としての実績があると子育てが落ち着いた後に就職先も見つけやすくなるのです。

特に初めのうちは専門用語に戸惑うこともありますが、一度身に付けた知識は他の職場で働く際にも役立つはずなので、自分なりのやりがいを探してみてくださいね。

求人数で選ぶおすすめの人材派遣会社3選を見る
貿易事務の仕事を探すなら!求人数で選ぶ、おすすめの人材派遣会社3選を見る