HOME » まるわかり解説!貿易事務とはこんな仕事 » 貿易事務は第二新卒でも可能?

貿易事務は第二新卒でも可能?

第二新卒でも貿易事務の仕事に就ける?

求人によって条件は違いますが、貿易事務の仕事は必ずしも新卒でなければ採用してもらえないわけではありません。例え第二新卒だったとしても求人情報を見つけることは不可能ではないのです。

第二新卒ということは学校を卒業した後に一度は別の仕事についたものの、貿易事務の仕事を探している状態になりますよね。中には一般事務の仕事に就いてみたものの、仕事をしていく中で自分がやりたいことは貿易事務だということに気づき、転職を検討している方もいるようです。

仕事は実際に働いてみなければわからないところもあるので、自分の目指している道が貿易事務だということに気づくのが遅れてしまった方もいるでしょう。

実際に求人情報はどうなっている?

貿易事務の求人情報をチェックしてみると、未経験者でも歓迎としているものはたくさんあります。もちろん、経験がある方の方が採用において有利になりますが、未経験者歓迎の仕事であれば貿易事務の仕事を経験したことがないからといって大きなマイナスになることはないでしょう。

そして未経験者と同じくらい第二新卒歓迎の仕事もあるのです。そもそも、貿易事務は専門性の高い仕事ということもあり、求人倍率は一般事務ほど高くありません。

地域や企業によっては求人をかけてもなかなか応募が集まらず、人手不足に悩んでいるところもあります。そういった企業では経験のない方や第二新卒の方でも積極的に採用している傾向があるようです。

ただ、注意が必要なのは第二新卒の中でも貿易事務の経験のある方だといえるでしょう。貿易事務以外の仕事をしている中で貿易事務という仕事をし、転職をする場合には志望動機なども考えやすいですが、前も同じ職種に勤めていて短期間でやめて第二新卒になった場合、なぜ前の職場を辞めたのかかなり詳しく聞かれる可能性もあります。

これをうまく説明できないと採用してもらえる可能性が低くなってしまうので、注意しておいてくださいね。一般的に学校を卒業して就職したものの、1年未満~3年のうちに離職し、転職活動を行っている人のことを第二新卒と呼びます。

言い換えれば、就職をしたものの短期間でやめてしまった人のことです。企業側としても第二新卒の方が面接に来ると、「またすぐに辞めてしまうのではないか…」という事を大きく心配します。

この点は十分に理解し、面接対策に取り組みましょう。

第二新卒の方が採用率を高めるためのポイント

第二新卒はデメリットだけでなくメリットもあります。大きなメリットになるのが一度も働いたことがない方とは違い社会人経験があるということ。第二新卒でもまだまだ新卒気分が抜けきっていない方もいますが、社会人としてのビジネスマナーがしっかりしていると感じてもらえるように言葉遣いや振る舞いにも気を付けたいところです。

また、学校を卒業したばかりでまだまだ若いということもあり、吸収力と将来性も期待されています。伸びしろがあることを大きな理由に第二新卒を積極的に採用している所もあるため、こういったポイントもしっかりアピールしてみましょう。

第二新卒というと少し負い目を感じている方もいるかもしれませんが、武器にできることはたくさんあるのです。

求人数で選ぶおすすめの人材派遣会社3選を見る
貿易事務の仕事を探すなら!求人数で選ぶ、おすすめの人材派遣会社3選を見る