HOME » 貿易事務として就職するために

貿易事務として就職するために

本カテゴリーでは、貿易事務という仕事に就職するにあたり、あらかじめ知っておきたい各種の情報をまとめて紹介しています。

就職する前に知っておきたいこと

「備えあれば憂いなし」ということわざがある通り、何事も事前にできるだけ多くの情報を集め、知っておくことは大切です。逆にそれを疎かにしてしまうと、後で「違った」「こんなはずじゃなかった」と悔やむことになる可能性が高まってしまいます。そうした事態を防ぐためにも、ぜひ貿易事務へ就職する前に、以下の情報を予め知っておいてください。

求人情報の正しい見方とは?

求人情報は、仕事をお探しの方はそれこそ目を皿のようにして読み込んでいることでしょう。しかし、そこに出てくる用語には、正しく理解しているつもりでも、実は意味合いが微妙に異なっていたり、似たような文字面でも意味が異なるといった場合もあるのです。知っているつもりでも、実は間違っているということもありえますので、正しい求人情報の見方を説明します。

<<「求人情報の正しい見方」を詳しくみる>>

採用担当に聞く!こんな人が欲しい

貿易事務という仕事には、一般事務の能力に加え、プラスアルファのスキルや経験、知識といったものが求められます。なかには「未経験者可」という案件もありますが、その場合、給与などで差が出てしまうといった現実も。そこで、実際に貿易事務の人材を欲している企業側の担当者の声を集めてみました。どのような人物が求められているのかを知ることで、どのような人材なら、内定が得やすいのか把握することができます。

<<「採用担当に聞く」を詳しくみる>>

経験者の声まとめ

貿易事務という仕事に限らずすべての職業で言えることですが、実際にその業務を経験している方々の声というものは、これからその職業に就きたい方はもちろん、すでにその職に就いている方にとっても、大いに気になるのではないでしょうか。ぜひともご覧いただき、貿易事務という世界へ進む心構えとして、あるいはさらなるステップアップを目指すヒントとして活用してもらえれば幸いです。

<<「経験者の声まとめ」を詳しくみる>>

派遣と正社員の待遇の違い

派遣と正社員では様々な違いがあります。

まず、正社員といえば直接企業に雇用される形になるのに対し、派遣社員の場合はその企業ではなく派遣会社に雇用された上で企業に派遣される形です。

雇用先が違うとどのような影響があるのでしょうか。

仕事内容についてですが、ほとんど変わりはありません。しかし、責任感が問われる仕事については派遣社員が任されることは少なく、正社員が担当することになるでしょう。

想定外の業務が発生した場合も派遣社員ではなく正社員が対応する企業が一般的です。ここからもわかる通り、責任のある立場を任されたいと思っているのであれば正社員を目指す必要があります。

責任のある仕事を任せられる立場にあるということはそれだけ給料も良くなるでしょう。

しかし、だからといって正社員の方が給料面での待遇が良いとは限りません。というのも正社員だと残業手当がつかない企業もあるからです。

貿易事務は突発的な業務が発生することも多く、思わぬ残業もあります。しかし、残業手当を支給しないと決めている企業で働いている場合、いくら残業してもプラスにはなりません。

一方で派遣社員の場合は残業をすればその分しっかりと残業代が出ます。こういったこともあり、給与面での待遇を比較した際には派遣社員でも正社員とそれほど変わらなかったり、下手をすると正社員よりも格段に上を行くケースもあるのです。

続いて福利厚生についてですが、派遣社員であったとしても正社員と同じように社会保険関係は加入可能となっています。それだけでなく、どちらも有給休暇はもらえるので安心しましょう。

福利厚生での待遇面ではどうしても正社員のほうが上です。例えば、産前休暇や育児休暇制度は正社員でなければ適用されません。派遣社員の場合は派遣会社の規定に沿って福利厚生が受けられますが、各派遣会社によって基準が異なるので事前に確認しておきましょう。

また、一般的に派遣社員の場合は期限付きで採用される形となるため、例え自分がその職場を気に入ったとしても定年まで働き続けることはできません。自分に合った職場を探すために派遣社員の道を選択するのであれば、社員登用制度を取り入れている会社を探してみましょう。

就職するメリット

貿易事務として就職し、正社員になるメリットは何なのでしょうか。まず、安定性の高さが挙げられるでしょう。

万が一会社の業績が傾いた場合、正社員と派遣社員のどちらを先に切るか?といえば派遣社員が切られる可能性が高いです。こう考えると派遣社員は足元が安定しているとはいえない立場ですね。これは貿易事務の仕事に限った事ではありません。

また、貿易事務の仕事をする上で役立つ資格がいろいろあるのですが、正社員になるとそういった資格を取得するためのサポートを受けられるケースもあります。仕事をしながら取得を目指すのは難しい資格もありますが、職場のサポートが受けられれば合格を目指しやすくなるでしょう。

それから、正社員として働けるのであれば契約社員と違って期間が決められていないため、長く働けます。その職場が自分に合っている場合、「契約が終了したら辞めなければならない…」といった不安を抱える必要もありません。

一般的に派遣から正社員を目指す場合は紹介予定派遣の求人を選ぶ形になるでしょう。

ただ、正社員になるのは簡単なことではありません。一般的に貿易事務の仕事は派遣での募集が多く、その中から正社員として迎え入れてもらえるのはほんの一握りだといえるでしょう。

正社員として働けるところを探し続けてみたもののなかなか見つからず、時間だけが過ぎてしまった…といった方も少なくありません。まずは派遣社員として経験を積むのも一つの選択肢です。

1.貿易事務として就職するために

就職するデメリット

貿易事務として働く場合のデメリットについてですが、これは人によって感じ方が違うようです。また、働く職場によってもデメリットは異なります。 そんな中で一般的によく言われるのが、残業が多いということ。定時ではなかなか帰ることができず、仕事メインの毎日に嫌気がさしてしまう方もいるようです。

仕事の中でやりがいを見つけられれば良いのですが、ライフスタイルを優先したいと思っている方は自分のやりたいと思っていることができず、不満を抱えてしまうこともあるでしょう。ただ、残業の多さは職場によっても異なるので、ライフスタイルを優先させたい場合も自分にとって最適な職場探しをしてみてくださいね。 それから、貿易事務の仕事は海外の方とやりとりをすることになるのですが、その中で時差に悩むことがあります。相手側の時間に合わせなければならない場合、下手をすれば真夜中に電話をしなければならないケースも出てくるのです。

すぐに返信が欲しいメールでも相手側から連絡が来るまでに時間がかかったり、なかなか連絡が取れない場合もあるでしょう。 また、日本人は時間に厳しいお国柄と言われていますが、貿易事務の仕事でやりとりをする国の中にはそうではないところもあります。例えば、早急に返信が欲しいと連絡をしたとしてもすぐに対応してくれないのんびりとしたお国柄の所もあるわけです。 こういった日本との文化の違いに悩まされる方もいます。

就職と派遣に関する最近の傾向

近年、大手の企業だけでなく、中小の企業の中にも貿易事務を必要としているところが増えてきました。これは、経済のグローバル化も大きく関係しています。 スーパーで商品を見るだけでも海外から輸入されている商品が山ほどありますよね。昔に比べるとその傾向が一段と強くなっています。

この傾向は今後ますます強くなっていくはずです。さらなる経済交流が発展した場合、必要となるのは貿易事務です。そのため、正社員としてだけでなく、派遣でも積極的に貿易事務を採用するところが増えてきました。

地域によって求人には大きな差があります。しかし、近年は中小企業も積極的に貿易事務の採用を行っていることもあり、地方で活躍できる機会も増えていくことでしょう。できるだけ求人数が多い地域で仕事を探したいのであれば、やはり東京が最も求人数が多いのですが、世界と交流のある大きな株式会社であればどこでも貿易事務の知識は活かせるので、選択できる職場も幅広いです。 転職サイトの中には貿易事務に特化した特集を組んでいる所もあり、ここからも注目されている職種ということがわかります。

ただ、現在では正社員として採用されるというよりも、派遣社員での採用形態が多いといえるでしょう。特に未経験者の場合、正社員として就職できる職場を探すのは難しい傾向にあります。 しかし、派遣社員として採用されたとしても正社員登用前提の企業もあるため、貿易事務の仕事で正社員として働くことが不可能なわけではありません。初心者の場合はまずは派遣社員として経験を積み、将来的に就職を目指してみてはどうでしょうか。

貿易事務の求人は増加している傾向にあるため、これから貿易事務として働きたいと思っている方にとっても将来性は明るいといえます。注意しておきたいこととして将来的に貿易事務として働く人が増えすぎた場合には経験やスキルを重視したうえで採用される可能性も高いため、貿易事務として生き残っていくためには早い段階からスキルアップを目指すのがおすすめです。 経験者であれば初めから正社員として採用されることもあるため、英語や貿易に関する技術・知識を活かし、活躍できる貿易事務を目指してみましょう。

求人数で選ぶおすすめの人材派遣会社3選を見る
貿易事務の仕事を探すなら!求人数で選ぶ、おすすめの人材派遣会社3選を見る