HOME » 貿易事務として就職するために » 採用担当に聞く!こんな人が欲しい

採用担当に聞く!こんな人が欲しい

本ページでは、貿易事務に携わる人材を求める企業の採用担当者の声をもとに、内定が得られやすいのはどのような人かを検証しています。

貿易事務で内定を得られやすい人物像とは?

貿易事務の仕事には、一般事務の能力に加え、プラスアルファのスキルや経験、知識が求められます。なかには「未経験者でもOK」という案件もありますが、その場合、給与などで差が出てしまうという現実もあります。

そこで、実際に貿易事務の人材を欲している企業の採用担当者の声をチェックしてみましょう。どのような人物が求められているのかを知ることができますよ。

【人材派遣A社】営業事務経験があるか

「貿易事務の仕事は、商社、メーカー、船舶会社、海運貨物取り扱い業者など業種ごとに詳細は異なりますが、共通して英文メールや書類作成、英語での電話応対などの英語力が求められます。もちろん、基礎的な事務スキルやパソコンスキル、ビジネススキル、社内外の人とのコミュニケーション能力なども必須条件と言えるでしょう。貿易に関する知識がない場合でも、語学力と受発注などの営業事務経験があれば、チャレンジできる可能性はあると言えます」

【人材派遣B社】日本と異なる環境に対応できるか

「貿易事務は海外との商品の受発注、メールや電話でのやりとり、貿易書類の作成やチェック、支払いや船便の予約など、貿易に関するあらゆる業務をこなす能力が必要になります。例えば、英語で仕入先やクライアントとの納期の調整や交渉をするといったことも日常茶飯事。もちろん貿易に関する専門知識も求められ、正確かつ迅速に対応しなければなりません。加えて、折衝の相手は他国となるため、日本と異なる時差や繁忙期などにも対応する気構えも必要になります」

【人材派遣C社】スキルや資格を証明できるか

「他の職種に比べ、経験者が求められる傾向が高いと言えます。貿易実務検定や通関士資格などをお持ちの方は優遇される傾向も然り。もちろんTOEICや英検など英語力を証明できるものがあればなおよいと言えます。加えて、担当する業務によっては、電話やメールでお客様対応をすることも珍しくありません。基本的なビジネスマナーも必須です」

【人材派遣D社】一定レベルのスキルがあるか

「ズバリ英語力は必須です。書類やメールの作成やチェックが多くなるため、英語の読解・作文に自信のある方によりおすすめです。貿易取引のルールや専門知識の習得も必要になりますが、その点、貿易実務検定などの資格はポイントが高くなります。またメーカーや商社での受注発注が含まれる営業事務の経験があると有利です。「未経験OK」の場合でも、語学や営業事務の経験が一定レベル以上に求められることは踏まえておいてください」

求人数で選ぶおすすめの人材派遣会社3選を見る
貿易事務の仕事を探すなら!求人数で選ぶ、おすすめの人材派遣会社3選を見る