HOME » 貿易事務なら「派遣」を選べ! » 貿易事務派遣会社の登録と流れについて

貿易事務派遣会社の登録と流れについて

貿易事務として働きたいと思った場合、まずは貿易事務の派遣会社に登録をしましょう。具体的な登録方法や流れについてご紹介します。

貿易事務の登録方法と流れ

仮登録

どの派遣会社に登録するのかによって登録方法は異なりますが、一般的にはインターネット上にあるホームページから登録を済ませます。

電話での問い合わせや登録を受け付けているところもあるので、直接電話でわからないことなどを確認した上で登録したいと思っている方は電話をかけてみるのもおすすめです。

また、実際に登録をする前に説明会などに参加する方法もあります。

登録説明会

インターネット上から登録を済ませたら完了ではありません。ここはあくまで予約という形を取っているところが多く、その後は登録説明会に参加して登録を済ませる形になるでしょう。事前にWEB予約を済ませておくと登録会での時間が短くて済むなどのメリットがあります。

登録説明会で行われることは会社によって違うものの、必要な書類に記入をしたり、スキル確認のためのタイピング、面談など。説明会の内容についてはホームページ上に掲載されているはずです。説明会に参加する場合、メモが取れる準備をしていきましょう。

他にも履歴書、職務経歴書、履歴書用の顔写真、身分証明書、印鑑(シャチハタは不可の場合も有)を持参するように求められるところが多いです。給与振込用の口座番号情報がわかるものも持参しましょう。

来社面談

続いて実際に派遣会社に来社し、システムの説明を受けたり、どのような仕事を希望しているのか話し合いをしましょう。多くの貿易事務の派遣会社では特に資格などを持っていなくても過去の経験に応じた仕事を紹介してもらえるのでそれほど心配はありません。

自分の実力以上の仕事を任せられるようなことはないので安心ですね。できるだけ自分の印象良くするために、本当はできないこともできると答えてしまう方がいますが、ここで受け答えしたのに沿った内容で仕事を用意してもらえるので、嘘をつくと自分の首を絞めることにもなりかねません。持参すべきものについては登録説明会の時に知らされます。

研修

派遣会社によっては研修制度を用意してくれるところもあります。実際に貿易事務として働いたことがない方でも研修やスクールがあれば安心して準備ができるでしょう。研修で必要なものについても確認しておきましょう。

紹介

あとは気になる企業や仕事を紹介してもらえます。担当者の方が最適な仕事を見つけてくれるので自分で納得のいく仕事が見つかるまで相談してみてくださいね。

もちろん、紹介されたからといって必ずその仕事を受けなければならないわけではありません。他の派遣会社も気になっているのであれば一旦持ち帰っても良いでしょう。

気になる仕事が見つかったら実際に仕事を始める前に派遣会社と契約関係を結ぶことになります。また、会社によって用意されているサポートや福利厚生は全く違うので、必ず確認しておきましょう。

仕事開始

契約が完了したら早速仕事開始です。仕事を開始した後も保険会社がしっかりサポートしてくれるところならば疑問などがあった時にも安心して働けます。

研修や紹介、仕事開始のタイミングでは持ち物としての指示がなくてもメモが取れるものを持参しておくとなにか大事なことを伝えられた場合にもさっとメモできて安心です。

派遣会社で仕事を始めたあとは

実際にお仕事を始めたら派遣先の会社に行くことになりますが、自分が雇用されているのはあくまで派遣会社です。そのため、派遣先で何らかのトラブルなどが起こった場合は自分1人で解決しようとするのではなく、必ず派遣会社の方に対応を確認しましょう。

時給などについても必ず事前に確認が必要です。派遣の貿易事務として働き始める場合も一般的な事務と変わらないくらいの給料が設定されているところが多いのですが、職場によって差も大きいので注意しておきましょう。

求人数で選ぶおすすめの人材派遣会社3選を見る
貿易事務の仕事を探すなら!求人数で選ぶ、おすすめの人材派遣会社3選を見る